株価を決める要因

「仕手」「仕手戦」って何だろう

「仕手」「仕手戦」って何だろう

投機目的で意図的に相場を作り出す人がいる

株価操縦の手口

「仕手」とは大口の投資家や相場師のことをいいます。
かつては、「伝説の相場師」といわれる人が株価を動かしていました。
証券会社が顧客に推奨銘柄を買わせることで、相場を作った時代もありました。

法規制によって、現在はこうしたグループの活動は終息したかに見えますが、株価を不法に動かそうとする人たちは今も存在しています。

「買い方」の手口は、浮動株(市場に流通している株)の少ない銘柄を探し出し、仲間などと少しづつ買い集めます。
他人に悟られないよう安値で買い集め、次第にわずかな売りものしか市場に流通しなくなり、売り株が枯渇したところで、「仕手筋が集めている」「必ず上がる」などの好材料の情報を流します。
好材料に興味をもった投資家が買いを入れ、浮動株がわずかになった株価は一気に上昇します。
これを「提灯をつける」といいます。

「誰かが買えば上がる」「上がるから買う」「買うから上がる」の繰り返しで、株価はさらに暴騰します。
ある程度まで株価が上がりきると、仕手筋はいよいよ保有していた安値で買った大量の株を売り始めます。
彼らが高値で株を売り抜けたあとは、株価は急落し、やがて元の水準まで値を下げていきます。

急騰していた株価がそれ以上上がらなくなると、今度はそれに乗じて「売り方」がカラ売りを始めます。
彼らの狙いは、高く売って安く買い戻すことです。
株価を下げるために、どんどん売るのです。

「買い方」と「売り方」のよる攻防戦

仕手には株を安く買って高く売る「買い方」と、カラ売り(信用取引で株を売ること)での儲けを狙う「売り方」が存在します。
双方の攻防戦を「仕手戦」といいます。

自らの意図した方向に株価を動かそうと、それぞれの陣営が大量の買い注文と売り注文をぶつけ合います。
出来高が急増し、双方の買いと売りで株価は乱高下しますが、決着がつくのは、どちらかの資金が尽きたときです。

ネット時代のプチ仕手戦

証券取引所は、仕手戦を封じるためにさまざまな規制を設けています。
しかし、ネットを通じて根も葉もない怪しげな情報は増えるばかりです。

おもしろがって、「提灯をつける」個人投資家も少なくなく、プチ仕手戦があちこちで行われています。
あっという間に4~5倍になるのが仕手戦ですから、興味を惹かれるのは当然かもしれません。

しかし、仕手戦が終わると、あっという間に元の株価に戻るので注意が必要です。




神王リョウ「神リッチプロジェクト」

関連記事

  1. 為替と株価の関係 為替と株価の関係
  2. 金利と株価の関係 金利と株価の関係
  3. 景気と株価の関係 景気と株価の関係
  4. 国際情勢と株価の関係 国際情勢と株価の関係
  5. 投資家の株式市場への影響 投資家の株式市場への影響
  6. 毎日売買するデイトレーダーの影響は? 毎日売買するデイトレーダーの影響は?
  7. 投資ファンドって何をするの? 投資ファンドって何をするの?

おすすめ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの? 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの? 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座 NISA(ニーサ)と特定口座
  4. 株にはどんな税金がかかるの? 株にはどんな税金がかかるの?
  5. 信用取引の仕組み 信用取引の仕組み
  6. IPO銘柄を手に入れる方法は? IPO銘柄を手に入れる方法は?
  7. 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう
  8. 購入した株は「ほふり」が預かる 購入した株は「ほふり」が預かる
  9. 株の自動売買はどのように行うの? 株の自動売買はどのように行うの?
  10. 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう? 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう?

ピックアップ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座
FX(外国為替証拠金取引)って何だろう
  1. 投資家の株式市場への影響
  2. 証券会社が扱うさまざまな金融商品
  3. 企業の合併・買収で株価は乱高下する
  4. 株にはどんな税金がかかるの?
  5. 株式分割で株はどうなる?
  6. 「法人向け証券」と「リテール向け証券」の違い
PAGE TOP