証券会社の役割

証券会社のさまざまな業務

証券会社のさまざまな業務

注文を取り次ぐブローカー業務など大きく4つに分かれる

取引所に注文を取り次ぐ「ブローカー業務」

証券会社はかつては免許制でしたが、1998年の金融改革(金融ビッグバン)で登録制に変わりました。
以後、銀行やメーカーなどの異業種が証券子会社を作るケースが増える一方、ネット専業証券会社も登場しました。
既存の証券会社も法人向けの証券会社を設立するなど、ひとくちに証券会社といっても性格は会社ごとに異なります。

証券会社の業務は、大きく分けて「ブローカー業務」「アンダーライティング業務」「セリング業務」「ディーラー業務」の4つがあります。
個人投資家にとって身近なのは、「ブローカー業務」(委託売買です)。

証券取引所で売買に参加できるのは、証券取引所に加入している証券会社に限られます。
個人投資家はもちろん、企業も、銀行、生命保険会社など機関投資家の取引も、すべて証券会社を通じて行われます。
そういった投資家からの委託を受けて、代理で売買する業務がブローカー業務です。

ブローカー業務によって発生する売買手数料は、証券会社の大きな収入源になっています。
かつては大蔵省(現財務省)が売買委託手数料を定めていましたが、金融ビッグバンにより自由化されました。
それをきっかけに、売買手数料の価格破壊が起こり、最低2500円だった売買委託手数料が、あっという間に数百円まで下がりました。

新株を引き受ける「アンダーライティング業務」

企業が発行した株式や債券は、まず証券会社がすべてを買い取り、その後投資家に販売されます。
いったん引き受けることを、「引受業務」または「アンダーライティング業務」といいます。

引き受けた株は、当然ながら投資家に販売しますが、売れ残った場合は証券会社自身が抱え込むことになります。
そのため引き受けてもらう企業は、証券会社に手数料を支払います。

委託を受けて販売する「セリング業務」

発光体の委託を受けて、販売だけを担当するのが「セリング業務」です。「ディストリビューター業務」ともいいます。
発行済の有価証券の販売は「売り出し」、新規のものは「募集」と呼び方が違いますが、いずれの場合も売れ残ったら発光体に返品されます。

自ら売買する「ディーラー業務」

顧客の売買を取り次ぐ以外に、証券会社自身もプレイヤーとして株式の売買を行います。
これを「自己売買」または「ディーラー業務」といいます。
担当する社員は「ディーラー」と呼ばれます。

ひとくちにディーラーといっても、株式のディーラーと、債権や為替のディーラーとでは役割が異なります。
債権や為替のディーラーは、会社の資金を使って売買を行う投資のプロです。
1日で億単位の収益を腕の持ち主とあって、億単位の年収を手にする人もいるようです。

株式の自己売買は、顧客の注文を円滑にこなすために行われる取引とと位置づけられます。
機関投資家の注文は、数百億円単位の取引になることが珍しくありません。
大量の売り注文をそのまま出したのでは、株価は一気に下がってしまいます。
そこで同じ証券会社のディーラー(自己売買)部門が買い注文を出すことでバランスをとるのです。

バブル期までは株のディーラーも会社の利益のために売買を行っていました。
当時の感覚では、自己売買で株価を吊り上げたり、相場を作り出すのも仕事のうちでした。
顧客の儲けよりも自社の儲けを優先させる取引も行われていました。

現在では株価操作につながるような自己売買には、さまざまな規制が設けられています。

「法人向け証券」と「リテール向け証券」の違い

「法人向け証券」と「リテール向け証券」の違い

規制緩和により証券会社の形が変わり始めている

存在感を増す投資銀行

間接金融から直接金融へ変わったことで登場したのが「投資銀行」(Investment Bank)です。
債権や新株の発行による資金調達、資産の証券化による流動化、さらにはM&Aをも含めた財務全般のアドバイスを行います。
銀行が資金を融資しているのに対して、投資銀行は資金調達のアドバイスやコーディネートが中心です。
銀行というよりも証券会社に近いイメージです。

日本では大手証券会社が新株発行や起債のコーディネートを行ってきました。
しかしバブル崩壊後、証券化やM&Aアドバイザーの役割を担ったのは「元祖投資銀行」といわれるゴールドマンサックスやモルガンスタンレーなど、米国系の投資銀行です。

花形的存在だった投資銀行ですが、サブプライム問題で一転して窮地に立たされます。
アメリカの五大投資銀行のうちベアスターンズとリーマンブラザーズは破綻し、メリルリンチは買収されました。
残ったゴールドマンサックスもモルガンスタンレーも一般の銀行にかたちを変えて業務を続けています。

ネット証券が一般化

個人投資家の約7割がインターネット経由で株の売買をおこなっているいま、立派な店舗を構えた証券会社は時代遅れとなっています。

大手証券会社もネット取引を扱っていますが、人気は安い手数料で勝負をかけるネット証券です。
なかでも専業6社といわれるSBI証券、マネックス証券、楽天証券、松井証券、GMOクリック証券、カブドットコム証券は、アベノミクスによる株価の回復で扱い高が急増しています。
株式に加えて、投資信託や外国債券などの品揃えも充実しています。

証券仲介業者が増えている

ネットで金融商品を購入するのは不安だという投資家の受け皿となりつつあるのが、「証券仲介業」です。
2004年の法改正で導入された証券仲介業は、金融機関以外の企業や個人にも金融商品を販売する道を開きました。
税理士事務所やファイナンシャルプランナー(FP)などが投資信託などの販売を手がける(証券外務員の有資格者のみ可能)など、仲介業者は証券会社に代わって身近なアドバイザーとして活躍しています。

証券仲介業者とは、証券会社と業務委託を結んだ企業や個人を指します。
扱える商品は、契約を結んだ証券会社が委託する商品のみです。
購入代金は顧客から直接証券会社の口座に入金し、仲介業者は証券会社から一定のコミッション(手数料)を受け取るかたちになります。
担当者は証券外務員資格の取得を義務づけられているため、証券会社の店頭と同じレベルの説明が期待できます。

関連記事

  1. 投資顧問会社って何をするの? 投資顧問会社って何をするの?
  2. 証券会社が扱うさまざまな金融商品 証券会社が扱うさまざまな金融商品

おすすめ記事

  1. 株の売買はどのように成立するのか? 株の売買はどのように成立するのか?
  2. 購入した株は「ほふり」が預かる【株の電子化で】 購入した株は「ほふり」が預かる【株の電子化で】
  3. NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)とは? NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)と特定口座とは?
  4. 「日経平均株価」「TOPIX」って何だろう? 「日経平均株価」「TOPIX」って何だろう?
  5. テクニカル分析とは テクニカル分析とは
  6. 一株あたりの利益は自社株買いで上昇、増資で減少 一株あたりの利益は自社株買いで上昇、増資で減少
  7. 株式上場するメリット・デメリット 企業が上場するメリット・デメリット
  8. 為替と金利と株価の関係 為替と金利と株価の関係
  9. IPO銘柄(新規公開株)を手に入れる方法は? IPO銘柄(新規公開株)を手に入れる方法は?
  10. 一部、二部、新興市場の違いは? 一部、二部、新興市場の違いは?

プロフィール

プロフィールIMAGE 麦 恵成

  • ○ 名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
  • ○ 生年月日:1970年11月8日
  • ○ 出身地:兵庫県神戸市
  • ○ 職業:トレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
  • ○ 自己紹介:トレーダー歴15年以上。主戦場:為替(ドル円)。たまにダウ先物・225先物・原油先物。現物株は高配当銘柄の超長期投資。
  • ○ FXサイト:FXトレーダーズマインド
  • ○ ツイッター:https://twitter.com/BakuKeisei
  • ○ その他:YouTube で好きなクラシック音楽を集めた「Classical Music Channel 」をやってます。

ピックアップ記事

  1. 【株の口座開設方法】ネット証券なら最短2日ではじめられる!
  2. 僕はFXで稼いだ資金を株で長期投資している
  3. 投資顧問会社って何をするの?

おすすめ記事

株を買うメリットと取引の種類 株を買うメリットと取引の種類
株式市場を規制する金融商品取引法
  1. 景気と国際情勢と株価の関係
  2. 株の配当金をいつ受け取れるのか?
  3. 証券会社が扱うさまざまな金融商品
  4. ETF(上場投資信託)とREIT(リート)ってなに?
  5. 企業の合併・買収で株価は乱高下する
  6. 企業業績が株価を決める
PAGE TOP