株価の読み方

「ローソク足」で株価の動きがわかる

「ローソク足」で株価の動きがわかる

テクニカル分析に欠かせない「四本値」

日本生まれの株価チャート

株価の動きを示すチャートの中で、一番ポピュラーなのが「ローソク足」です。
名前の由来は形がローソクに似ていることです。
一定期間の株価を「始値(はじめね)」「終値(おわりね)」「高値(たかね)」「安値(やすね)」の4要素(四本値)を使って表現しています。

1日の値動きを1本のローソクで描く「日足(ひあし)」の他、1週間で1本の「週足(しゅうあし)」、1か月で1本の「月足(つきあし)」などがあります。
デイトレーダーに愛用されるのは、分単位のローソク足「3分足」「5分足」です。

大阪堂島の米相場で生まれたといわれるローソク足ですが、いまでは「キャンドル・チャート」として世界中の投資家に使われています。

ローソクの形から株価を予想する

始値より終値が高い相場は、「陽線」として白のローソク足(実体)が描かれます(逆の場合の黒のローソク足は「陰線」)。
白いローソク足がずらりと並ぶのは、上げ相場の証です。
ローソク足が長いほど、上げ幅が大きいことがわかります。

ローソク足に限ったことではありませんが、テクニカル分析に使われるチャートには、投資家の心理が反映されています。
例えば、長い下ヒゲは、いったん弱気になって売られたものの、その後上昇に転じたことを示します。
株価が底を打つときに出現することも多い、「強気」のサインです。

ローソク足が示すサインは、どれも過去の経験則から生まれたもので、「強気」「弱気」「天井」「底打ち」など、1冊の本になるほど存在します。
しかし、100%当たるとは言い切れず、参考として付き合うのが正解のようです。




神王リョウ「神リッチプロジェクト」

関連記事

  1. EPS(1株当たり利益)ってどんな指標なの? EPS(1株当たり利益)ってどんな指標なの?
  2. 「信用残」で何がわかるの? 「信用残」で何がわかるの?
  3. ROE(株主資本利益率)ってどんな指標なの? ROE(株主資本利益率)ってどんな指標なの?
  4. 「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の違い 「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の違い
  5. 「出来高」で市場全体のエネルギーがわかる 「出来高」で市場全体のエネルギーがわかる
  6. 「格付け」ってどう見るの? 「格付け」ってどう見るの?
  7. PER(株価収益率)とは PER(株価収益率)とは
  8. 移動平均線で株価のトレンドを読む 移動平均線で株価のトレンドを読む

おすすめ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの? 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの? 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座 NISA(ニーサ)と特定口座
  4. 株にはどんな税金がかかるの? 株にはどんな税金がかかるの?
  5. 信用取引の仕組み 信用取引の仕組み
  6. IPO銘柄を手に入れる方法は? IPO銘柄を手に入れる方法は?
  7. 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう
  8. 購入した株は「ほふり」が預かる 購入した株は「ほふり」が預かる
  9. 株の自動売買はどのように行うの? 株の自動売買はどのように行うの?
  10. 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう? 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう?
神王リョウ「神リッチプロジェクト」

ピックアップ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座
企業業績が株価を決める
  1. 配当はいつどのように行われるの?
  2. 信用取引の仕組み
  3. 企業の合併・買収で株価は乱高下する
  4. 株の取引にはどんな種類があるの?
  5. 「日経平均株価」「TOPIX」って何だろう?
  6. NISA(ニーサ)と特定口座
PAGE TOP