株価を決める要因

為替と株価の関係

為替と株価の関係

円安になると株価は上昇傾向になる

たったの1円の円安で数億円単位の利益増

円-ドルレートと日経平均株価には、密接な関係があります。
円安になると株が買われます。
新聞に「円安を好感して~」というフレーズが登場することからも、円安が日本経済のプラス要因であることがわかります。

自動車メーカーの例で考えてみます。
1ドル100円のとき、1万ドルの車を1台輸入すれば100万円の売上です。
同じ1台でも1ドル80円なら、売上は80万円にしかなりません。

輸出企業にとって円安は、強い追い風になります。
大企業になると、円-ドルレートが1円動くだけで、利益が数億円単位で変わります。
為替レートの変動で発生した利益を「為替差益」、損失を「為替差損」といいます。

輸出企業が支える日本経済

もちろん円高にもメリットがあります。
ガソリンのようにほぼ100%輸入に依存している商品の値下がりは、すべての産業にとってコストダウンの効果をもたらします。

にもかかわらず「円高→株価下落」となるのは、日本を代表する企業のほとんどが輸出企業だからです。
自動車、電機、精密などは、いずれも輸出で稼ぐ企業です。
円高になっただけで、業績とは無関係に株が売られることがあります。

実際には、1ドル80円台という円高を経験したことで、為替に左右されない企業体質を作り上げた会社も少なくありません。
そんな企業でも、円高というだけで株が売られることがあります。
投資家のイメージが株価を動かす好例といえます。




神王リョウ「神リッチプロジェクト」

関連記事

  1. 投資ファンドって何をするの? 投資ファンドって何をするの?
  2. 金利と株価の関係 金利と株価の関係
  3. 「仕手」「仕手戦」って何だろう 「仕手」「仕手戦」って何だろう
  4. 毎日売買するデイトレーダーの影響は? 毎日売買するデイトレーダーの影響は?
  5. 国際情勢と株価の関係 国際情勢と株価の関係
  6. 景気と株価の関係 景気と株価の関係
  7. 投資家の株式市場への影響 投資家の株式市場への影響

おすすめ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの? 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの? 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座 NISA(ニーサ)と特定口座
  4. 株にはどんな税金がかかるの? 株にはどんな税金がかかるの?
  5. 信用取引の仕組み 信用取引の仕組み
  6. IPO銘柄を手に入れる方法は? IPO銘柄を手に入れる方法は?
  7. 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう
  8. 購入した株は「ほふり」が預かる 購入した株は「ほふり」が預かる
  9. 株の自動売買はどのように行うの? 株の自動売買はどのように行うの?
  10. 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう? 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう?

ピックアップ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座
証券会社のさまざまな業務
  1. 企業の合併・買収で株価は乱高下する
  2. 株を買うとこんなメリットがある
  3. 投資家の株式市場への影響
  4. NISA(ニーサ)と特定口座
  5. 為替と株価の関係
  6. 株式市場を規制する金融商品取引法
PAGE TOP