証券の仕組み

株式ってどんなもの?

株式ってどんなもの?

株主としての権利そのものを指す

電子化でバーチャルになった株券

株式とは、株主としての権利そのものを指します。
その権利を証明する有価証券が「株券」です。

かつては株式を購入するのと引き替えに、株券を受け取りました。
株券の裏面には代々の所有者名が書かれているため、自分の名前を確認して株主であることを実感する人も多かったようです。

しかし、株券は2009年1月に電子化(ペーパーレス化)されたため、現在では株券を実際に手にすることはありません。

電子化により株主の権利は、株主名簿に名前が記載されることで確保されます。
保管のコストが不要になれば、紛失や盗難の心配はまずなくなります。

「額面」と「単元」

「額面」とは、株式を発行する時に決めた価格をいいます。
かつての株券には「額面○○円」と印字されていました。
現在では額面株式は廃止され、額面を定めない「無額面株式」だけが発行されています。

額面株式の時代には、額面金額5万円分が売買単位でした。
株価の高い銘柄だと、取引に数百万円の資金が必要となる場合も珍しくありません。そこで、個人投資家でも気軽に株が買えるようにと、2001年に導入されたのが「単元株制度」です。

「単元」とは売買の最小単位のことです。
1000株または発行株式数の200分の1のいずれか小さい数以下を単元として、取締役会で決定します。
1000株だった売買単位が100株になれば、購入資金は10分の1でオーケーです。
かつては1000株単位が主流でしたが、現在では1株や10株単位で買える株も増えています。

普通株、優先株、劣後株、黄金株

個人投資家が売買できるのは「普通株」と呼ばれる株です。
それ以外に株主の権利の一部を制限した株(種類株)が発行されています。
金融システムの安定化を目的に国が銀行に資金投入したときには、銀行が「優先株」を発行し、国が買い取るという形がとられました。
優先株は、配当や倒産時に残余財産の分配を優先的に受け取れますが、経営に参加する権利は与えられません。
「金は出すが口は出さない」というイメージです。
配当や残余財産の分配を遅れてしか受け取れない「劣後株」(後配株)もあります。
投資には不利ですが、議決権は握れるため、普通株の発行が難しいときに経営者を対象に発行されます。
重要事項の議決を拒否できる権利をもつ「黄金株」もあります。
買収阻止に効力があるとして近年、注目を集めています。




神王リョウ「神リッチプロジェクト」

関連記事

  1. REIT(リート)なら不動産収入が得られる REIT(リート)なら不動産収入が得られる
  2. 株を買うとこんなメリットがある 株を買うとこんなメリットがある
  3. 株ってなに? 株ってなに?
  4. FX(外国為替証拠金取引)って何だろう FX(外国為替証拠金取引)って何だろう
  5. ETF(上場投資信託)は株と同様に売買できる ETF(上場投資信託)は株と同様に売買できる
  6. 株の取引にはどんな種類があるの? 株の取引にはどんな種類があるの?
  7. 投資信託の仕組み 投資信託の仕組み
  8. 先物取引の仕組み 先物取引の仕組み

おすすめ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの? 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの? 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座 NISA(ニーサ)と特定口座
  4. 株にはどんな税金がかかるの? 株にはどんな税金がかかるの?
  5. 信用取引の仕組み 信用取引の仕組み
  6. IPO銘柄を手に入れる方法は? IPO銘柄を手に入れる方法は?
  7. 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう
  8. 購入した株は「ほふり」が預かる 購入した株は「ほふり」が預かる
  9. 株の自動売買はどのように行うの? 株の自動売買はどのように行うの?
  10. 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう? 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう?
神王リョウ「神リッチプロジェクト」

ピックアップ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座
証券会社のさまざまな業務
  1. 権利確定日は株価のターニングポイント
  2. 株にはどんな税金がかかるの?
  3. 購入した株は「ほふり」が預かる
  4. 移動平均線で株価のトレンドを読む
  5. 企業の合併・買収で株価は乱高下する
  6. 株式市場の役割
PAGE TOP