株価の読み方

トレンドラインが相場の流れを教えてくれる

トレンドラインが相場の流れを教えてくれる

チャート上に線を引いて「上値」と「底値」を判断する

2本のラインで大きな流れを読む

ランダムに上下を繰り返しているように見えるローソク足も、じっくり見ていくと数週間、数か月単位のサイクルで、上下を繰り返していることに気づきます。
値動きの流れや方向性をつかむのに役立つのが「トレンドライン」です。

トレンドラインの基本は2本の線です。
ローソク足の高値同士を結んだ線を「上値抵抗線」、下値同士を結んだ線を「下値支持線」といいます。

上値抵抗線に頭を押さえられ、下値支持線に足元を支えられる形で株価が推移するというのがトレンドラインの基本となる考え方です。

2本の線が作る「くの字」上向きになっていれば「上昇トレンド」、下向きなら「下降トレンド」です。
ほぼ水平なら「横ばい」と判断します。

せっかく買うなら、上昇トレンドに乗っている株を選びたいものです。
たった2本の線を引くだけで視覚的に相場の方向性がわかるのが、トレンドラインなのです。

下降トレンドの場合

トレンドラインで株価の転換点を読む

株価が上値抵抗線を突き抜けて上昇したときは、トレンドが変わったと判断できます。
これまでの上値抵抗線は下値支持線に変わり、株価を下支えしてくれる可能性が高まります。こうなると買いのチャンスです。

反対に、下値支持線を株価が割り込めば、売りのチャンスとなり、さらなる株価下落が予想されます。

上値抵抗線と下値支持線の間で株価が動いていった場合には、2本の線が交差するポイントに要注意です。
この状態を「三角持ち合い」といい、上か下かはわかりませんが、トレンドの変化が起こる可能性が高まっているといえます。




神王リョウ「神リッチプロジェクト」

関連記事

  1. 「格付け」ってどう見るの? 「格付け」ってどう見るの?
  2. 「ローソク足」で株価の動きがわかる 「ローソク足」で株価の動きがわかる
  3. PER(株価収益率)とは PER(株価収益率)とは
  4. 「配当利回り」ってなんだろう 「配当利回り」ってなんだろう
  5. 「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の違い 「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の違い
  6. 「出来高」で市場全体のエネルギーがわかる 「出来高」で市場全体のエネルギーがわかる
  7. EPS(1株当たり利益)ってどんな指標なの? EPS(1株当たり利益)ってどんな指標なの?
  8. PBR(株価純資産倍率)とは PBR(株価純資産倍率)とは

おすすめ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの? 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの? 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座 NISA(ニーサ)と特定口座
  4. 株にはどんな税金がかかるの? 株にはどんな税金がかかるの?
  5. 信用取引の仕組み 信用取引の仕組み
  6. IPO銘柄を手に入れる方法は? IPO銘柄を手に入れる方法は?
  7. 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう
  8. 購入した株は「ほふり」が預かる 購入した株は「ほふり」が預かる
  9. 株の自動売買はどのように行うの? 株の自動売買はどのように行うの?
  10. 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう? 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう?
神王リョウ「神リッチプロジェクト」

ピックアップ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座
証券取引所の役割
  1. 「投資顧問」って何をするの?
  2. 「仕手」「仕手戦」って何だろう
  3. 証券会社のさまざまな業務
  4. 毎日売買するデイトレーダーの影響は?
  5. PBR(株価純資産倍率)とは
  6. 株式市場の役割
PAGE TOP