株価の読み方

PBR(株価純資産倍率)とは

PBR(株価純資産倍率)とは

企業の解散価値も投資判断の材料になる

1株当たりの純資産に対して何倍まで買われているか

PBR(Price Book-value Ratio)は、「株価純資産倍率」のことです。
これもPERと同様に、割安の度合いを判断する指標で、単位は倍率で表し、次のように計算します。

  • PBR=株価÷1株当たり純資産

PBRは「1株当たりの純資産に対し、何倍までかわれているか(値がついているか)を示します。
PBRが低ければ低いほど、「株価が割安である」といえます。

PBR1倍割れは超割安の状態

PER同様、株価指標の中でよく使われるのがPBRです。
株価を「1株当たりの純資産」(BPS)で割ったもので、「株価純資産倍率」と訳されます。

純資産とは、企業の資産から借金を引いた残りのことです。
返済する必要のないお金で、自己資本ともいいます。
たとえ企業が清算されても純資産は残るため、会計士の「解散価値」と同じになります。

株価が900円で1株当たり純資産が100円の株の場合、PBRは0.9倍になります。
この時点で企業を解散すると、1株当たり1000円の資産が分配される計算になります。

実際には純資産のすべてを現金化して株主に配ることは不可能ですが、このような「PBR1株割れ銘柄」は、割安株の代名詞として使われます。

含み資産はPBRに反映されない

PBRの計算に使われる純資産は、帳簿上の数字が使われます。
時価が数千億円に及ぶ土地も、数千万円だった取得時の価格のまま計上されているケースがあります。
帳簿上の価値と時価の差を「含み資産」といいます。
かつて村上ファンドが阪神鉄道の大株主なったのは、阪神電鉄が保有する含み資産たっぷりの土地が狙いだったといわれています。

バブル期には、含み資産を計上に入れた「Qレシオ」という指標が使われました。
PBRより分母が大きいので、当然ながら倍率が小さくなります。
「まだまだ割安」と解釈するために使われました。

Qレシオはバブル崩壊で姿を消しましたが、地価高騰時には含みに着目する投資家が増えています。




神王リョウ「神リッチプロジェクト」

関連記事

  1. 「ローソク足」で株価の動きがわかる 「ローソク足」で株価の動きがわかる
  2. EPS(1株当たり利益)ってどんな指標なの? EPS(1株当たり利益)ってどんな指標なの?
  3. 移動平均線で株価のトレンドを読む 移動平均線で株価のトレンドを読む
  4. 「配当利回り」ってなんだろう 「配当利回り」ってなんだろう
  5. PER(株価収益率)とは PER(株価収益率)とは
  6. 「格付け」ってどう見るの? 「格付け」ってどう見るの?
  7. 「出来高」で市場全体のエネルギーがわかる 「出来高」で市場全体のエネルギーがわかる
  8. 「信用残」で何がわかるの? 「信用残」で何がわかるの?

おすすめ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの? 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの? 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座 NISA(ニーサ)と特定口座
  4. 株にはどんな税金がかかるの? 株にはどんな税金がかかるの?
  5. 信用取引の仕組み 信用取引の仕組み
  6. IPO銘柄を手に入れる方法は? IPO銘柄を手に入れる方法は?
  7. 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう
  8. 購入した株は「ほふり」が預かる 購入した株は「ほふり」が預かる
  9. 株の自動売買はどのように行うの? 株の自動売買はどのように行うの?
  10. 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう? 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう?
神王リョウ「神リッチプロジェクト」

ピックアップ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座
株の買い占めや株式交換の仕組み
  1. 企業の合併・買収で株価は乱高下する
  2. 移動平均線で株価のトレンドを読む
  3. ETF(上場投資信託)は株と同様に売買できる
  4. 「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の違い
  5. NISA(ニーサ)と特定口座
  6. 「投資顧問」って何をするの?
PAGE TOP