株の売買の始め方

「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう

「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう

少ない予算でも株式投資ができる

予算オーバーならミニ株を活用する

東京証券取引所が「最低購入金額を50万円程度に」と呼びかけて以来、ほとんどの銘柄が50万円程度で購入できます。
しかし、数百万円の資金が必要な銘柄もあります。
予算が少ないときには、「ミニ株」を利用してみましょう。

ミニ株は、単元株の10分の1で売買できるサービスです。
1株1000円、単元株数1000株の銘柄だと、通常の取引では100万円の資金が必要です。
ミニ株なら100株単位になるため、10万円の予算でOKです。

投資資金が少ない人や、さまざまな銘柄に分散投資したい人には嬉しいサービスです。
ただし、指値注文ができないことがデメリットです。

購入価格は、注文した翌日の寄付きで売買が成立します。
配当は購入した株数に応じて口座に振り込まれますが、株主優待は受けられません。

スキーム自体はどの証券会社でも共通ですが、対象にしている銘柄は証券会社ごとに異なります。

「単元未満株」を売買できる証券会社もある

ミニ株は単元株の10分の1での売買に限定されていますが、「単元未満株」の取引なら1株単位でできます。
単元未満株取引を扱っているのは、カブドットコム証券(名称はプチ株)、SBI証券(S株)、マネックス証券(ワン株)のみ。
東京証券取引所とジャスダックに上場している全銘柄のうち、単元株数が1株以上の銘柄が対象です。

約定は注文時間に合わせて、前場寄りまたは後場寄りで行われます。
ジャスダックのみ、大引けでの約定になります。

「るいとう(株式累積投資)」って何だろう

月1万円から積立感覚で株が買える

「るいとう」って何だろう

るいとう(株式累積投資)とは

株式累積投資は、毎月1万円ずつといったあらかじめ決められた金額で、決めた銘柄を買い付ける証券会社の商品です。
ネット専業証券が端株取引や株数指定の取引をメニュー化する前は、少額投資はミニ株投資かこの株式累積投資しかありませんでした。

この方法は、まず銘柄を指定し、口座にお金を入れておくと、あとは、自動的に証券会社のシステムが投資家の決めた銘柄を決めた日に買い続けるため、放っておいても大丈夫というメリットがあり、今も対面取引の証券会社を中心に一定のニーズがあります。

決めた日に決めた額を買い付けることで、株価が安いときは株数を多く買い、株価が高いときは少なく買うことになります。
こうした買い方を「ドル・コスト平均法」といい、平均買い付け価格を低く抑える効果が期待できます。

株価が長期間低迷しているときに始めれば、上昇相場になったときに「るいとう」は継続したまま株を売却して利益を得ることができます。
保有期間中は、買い付けた株数に応じた配当が得られ、その配当金も買い付け資金に回すことができます。
買い付け資金が枯渇しても配当分で1株、2株と自動的に買い付けるので、知らない間に思わぬ株数に増えていることがあります。

売買タイミングに悩まずに済む

「安いと思って購入したら、さらに値下がりした」「もっと下がるのではと待っていたら、値上がりした」という話はよく聞きます。
そんなときは「るいとう」を利用すれば、売買タイミングに悩まされず、平均的な価格で株を買うことができます。

月々の購入金額は、1銘柄につき1万円以上、1000円単位で指定します。
複数銘柄の購入も可能です。
負担にならない金額で、積立預金と同じ感覚で続けていける投資法として人気があります。

口座から引き落とされた資金は、毎月同じ日に、指定した銘柄の購入に充てられます。
株価にかかわらず「ドルコスト平均法」で、一定額を購入するため、株価が安いときには購入数が多くなり、高いときには少なくなります。
その結果、平均的な価格で購入することになるのです。

保有している株数が単元未満の場合は、配当や株主優待が受けられませんが、買い貯めた株が単元に達すれば、通常の株主と同じ権利を行使できます。

対象銘柄は証券会社によって異なる

「るいとう」で買い貯めた株は、いつでも売却ができます。
株価が安いときに買い貯めておき、高くなったところで売るのが賢い利用法といえます。

ただし、対象銘柄は、証券会社ごとに異なります。
個別銘柄に加えて、ETFREITを対象にしている証券会社もあります。




神王リョウ「神リッチプロジェクト」

関連記事

  1. IPO銘柄を手に入れる方法は? IPO銘柄を手に入れる方法は?
  2. 購入した株は「ほふり」が預かる 購入した株は「ほふり」が預かる
  3. 株の自動売買はどのように行うの? 株の自動売買はどのように行うの?
  4. 株の売買はどのように成立する? 株の売買はどのように成立する?
  5. 信用取引の仕組み 信用取引の仕組み
  6. 口座の開設と情報収集はどのようにするの? 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  7. 「指値注文」「成行注文」ってなに? 「指値注文」「成行注文」ってなに?
  8. 株にはどんな税金がかかるの? 株にはどんな税金がかかるの?

おすすめ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの? 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの? 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座 NISA(ニーサ)と特定口座
  4. 株にはどんな税金がかかるの? 株にはどんな税金がかかるの?
  5. 信用取引の仕組み 信用取引の仕組み
  6. IPO銘柄を手に入れる方法は? IPO銘柄を手に入れる方法は?
  7. 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう
  8. 購入した株は「ほふり」が預かる 購入した株は「ほふり」が預かる
  9. 株の自動売買はどのように行うの? 株の自動売買はどのように行うの?
  10. 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう? 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう?
神王リョウ「神リッチプロジェクト」

ピックアップ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座
「ストップ高」「ストップ安」って何だろう?
  1. 企業が上場するメリット・デメリット
  2. 株式市場の役割
  3. 先物取引の仕組み
  4. 企業の合併・買収で株価は乱高下する
  5. ROE(株主資本利益率)ってどんな指標なの?
  6. 「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の違い
PAGE TOP