株価を決める要因

国際情勢と株価の関係

国際情勢と株価の関係

戦争や国際会議などのニュースに敏感に反応する

グローバル化した株式市場

2007年8月には、米国の低所得者向け住宅ローン(サブプライムローン)の焦げ付きがきっかけとなり、世界中の株価が暴落しました。
経済がグローバル化したことで、投資家の安全志向が高まり、リスクのある株式から一斉に資金が流出しました。
同年2月には、上海証券取引所の暴落がきっかけで、「世界同時株安」が起こっています。
いまや株の世界は、国境を超えた運命共同体であるといえます。

地政学リスクと暴落の関係

株式市場の歴史を遡ると、戦争やテロが暴落を引き起こしています。
1990年の湾岸戦争、2001年の同時多発テロなど、戦乱のたびに株は売られ、金など安全な資産が買われました。

戦争や国際関係の緊張がもたらすリスクを「地政学リスク」といいます。
紛争の火種が現実化したとき、株式市場は敏感に反応します。
戦争への不安から、消費マインドが落ち、企業業績が悪化する可能性があるからです。

首相の交代と株式市場の関係は?

首相が交代した直後の株式市場は、経済界が新政権を試す場となります。
株価が上昇すれば期待度大で、下落すれば不安視しているというわけです。
「改革が進むのか」「税制はどう変わるのか」「景気対策は」・・・、企業を後押しする政権と判断されれば、投資家は積極的に買いを入れてきます。

最近では、内閣も株式市場の反応を気にしている様子です。
政治と経済は密接な関係があるので、日本経済を後押しする政策を期待したいところです。




神王リョウ「神リッチプロジェクト」

関連記事

  1. 為替と株価の関係 為替と株価の関係
  2. 投資ファンドって何をするの? 投資ファンドって何をするの?
  3. 「仕手」「仕手戦」って何だろう 「仕手」「仕手戦」って何だろう
  4. 毎日売買するデイトレーダーの影響は? 毎日売買するデイトレーダーの影響は?
  5. 景気と株価の関係 景気と株価の関係
  6. 投資家の株式市場への影響 投資家の株式市場への影響
  7. 金利と株価の関係 金利と株価の関係

おすすめ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの? 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの? 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座 NISA(ニーサ)と特定口座
  4. 株にはどんな税金がかかるの? 株にはどんな税金がかかるの?
  5. 信用取引の仕組み 信用取引の仕組み
  6. IPO銘柄を手に入れる方法は? IPO銘柄を手に入れる方法は?
  7. 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう
  8. 購入した株は「ほふり」が預かる 購入した株は「ほふり」が預かる
  9. 株の自動売買はどのように行うの? 株の自動売買はどのように行うの?
  10. 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう? 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう?

ピックアップ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座
毎日売買するデイトレーダーの影響は?
  1. 株の取引にはどんな種類があるの?
  2. 株の売買はどのように成立する?
  3. FX(外国為替証拠金取引)って何だろう
  4. 株式分割で株はどうなる?
  5. 株ってなに?
  6. 企業が上場するメリット・デメリット
PAGE TOP