株価が動く仕組み

株の買い占めや株式交換の仕組み

株の買い占めや株式交換の仕組み

買い占める目的は経営権の取得と投機の2種類がある

企業に株を買い取ってもらうグリーンメーラー

株式会社の最高意思決定機関である株主総会では、「1株=1票」で議決が行われます。過半数の株を握れば、経営権を手にすることができます。

内部留保として多額の現金を持つ企業に対して、配当金アップの要求が出される、もはや珍しい話ではありません。
2008年にはアデランスの筆頭株主となった投資ファンドのスティールパートナーズの要求で経営陣が解任されるという事件が起こっています。
政治の世界では「1人=1票」が基本ですが、企業統治の世界では「1株=1票」となります。
お金さえあれば、簡単に企業を手に入れることができます。

また、買い占めた株を高値で買い取ってもらうことを狙って株を買い占めるケースもあります。そんな投資家を「グリーンメーラー」といいます。

MBOを利用した上場廃止が増えている

経営権取得のために株を買い集めるには、TOB(公開買付け)が使われます。
TOBを実施するには、期間や買い取り価格、買い取る株数について新聞に広告を出さなければなりません。
TOBに応じるか、応じないかは、株主次第です。
個人投資家を含めたすべての株主に、平等に選択の機会が与えられるのがメリットです。

一方、経営陣によるTOBは、MBO(Management Buy Out)といわれます。
経営陣が自社の株式を買い占めることで市場に流通している株をなくし、上場廃止をするのが目的です。
2012年にはベビー用品のコンビや出版社の幻冬舎などがMBOを使って市場から退出していきました。

合併で株式交換が行われる

そんな手法をとるにしても、株を買い集めるには巨額の資金が必要です。
銀行から融資を受けたり、社債を発行して資金を調達するほかに、自社株を相手企業の株を交換する方法もあります。

自社株が1000円、相手企業の株が500円なら、相手企業の株2株につき、自社株1株を渡します。
自社の株価は高いほど、有利に他社株を買うことができます。
株式交換は、企業合併にも使わるれる手法です。

2007年5月には、親会社の株との交換で買収を行う「三角合併」が解禁されました。

外国企業による三角合併では、日本企業A社を合併するために日本籍の子会社を設立します。
A社と子会社が合併する形をとりますが、買収の対価は親会社(外国企業)の株式で支払うことができます。

三角合併の第一号として、米シティグループによる日興コーディアルグループの買収事例がありました。




神王リョウ「神リッチプロジェクト」

関連記事

  1. 配当はいつどのように行われるの? 配当はいつどのように行われるの?
  2. 株価はどうやって決まるのか? 株価はどうやって決まるのか?
  3. 企業の合併・買収で株価は乱高下する 企業の合併・買収で株価は乱高下する
  4. 一株あたりの利益は自社株買いで上昇、増資で減少 一株あたりの利益は自社株買いで上昇、増資で減少
  5. 権利確定日は株価のターニングポイント 権利確定日は株価のターニングポイント
  6. 企業業績が株価を決める 企業業績が株価を決める

おすすめ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの? 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの? 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座 NISA(ニーサ)と特定口座
  4. 株にはどんな税金がかかるの? 株にはどんな税金がかかるの?
  5. 信用取引の仕組み 信用取引の仕組み
  6. IPO銘柄を手に入れる方法は? IPO銘柄を手に入れる方法は?
  7. 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう 「ミニ株」「単元未満株」「るいとう」ってなんだろう
  8. 購入した株は「ほふり」が預かる 購入した株は「ほふり」が預かる
  9. 株の自動売買はどのように行うの? 株の自動売買はどのように行うの?
  10. 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう? 「ストップ高」「ストップ安」って何だろう?

ピックアップ記事

  1. 「投資顧問」って何をするの?
  2. 口座の開設と情報収集はどのようにするの?
  3. NISA(ニーサ)と特定口座
一株あたりの利益は自社株買いで上昇、増資で減少
  1. 株式市場を規制する金融商品取引法
  2. 株式ってどんなもの?
  3. 一部、二部、新興市場の違いは?
  4. 企業が上場するメリット・デメリット
  5. 「信用残」で何がわかるの?
  6. 株ってなに?
PAGE TOP